×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自動車保険はリスク細分が主流になっている

自動車保険 リスク細分

自動車保険が完全自由化される前は、

自家用車を通勤などでほとんど毎日使用する場合も、
趣味のような車で運転は月に数回程度のような場合でも、
自動車保険の保険料に変わりはありませんでした。

自動車の使用が多いほど事故の危険が大きくなるはずですが、
自由化前の自動車保険ではこんな不公平感がありました。

事故の危険の小さい加入者が事故の危険の大きい加入者の分まで
割高に保険料を負担していたといえるでしょう。


事故の危険の大小である「リスク要因」を従来型よりきめ細かく分け、
加入者が納得できる保険料設定を行なうのがリスク細分型です。

リスク細分型の登場により、
優良者や週末ドライバー等に納得度の高い選択肢ができました。

自動車保険 リスク細分|「リスク要因」とは?

自動車保険 リスク細分

リスク細分の「リスク要因」として次の9つが金融庁から認められています。

年齢/性別/運転歴/使用目的/年間走行距離等/地域/
自動車の種別/安全装置の有無/所有台数


自由化以後のリスク細分型には、

運転歴⇒免許の色
走行距離⇒年間走行距離
使用目的⇒日常レジャー
通勤・通学、運転地域

などのリスク要因が新たに盛り込まれ、リスクの低い人の保険料が割安になりました。


逆にリスクの高い人は従来型より保険料が高くなる場合も出てきましたが、
そもそも、リスクの高い人はそれなりの負担をするというのが本来の姿でしょう。


リスク細分型により、
「なぜ安全意識の低い人の分まで保険料を負担しなければならないのか」
という優良者や週末ドライバーの理不尽感が解消されるのは大変重要なことでしょう。

ノンフリート等級と同様に、リスク細分には安全運転の意識を誘引するという社会的な意味合いもあると思います。

一括見積もりでリスク細分のメリットを享受

リスク細分のメリットを最大限に受けたいのであれば、
自動車保険一括見積もりの利用をおすすめします。

一括見積もりなら一度の入力で複数社に見積もり依頼ができ、
各社のリスク細分の違いによる保険料の違いを一目瞭然で知ることができます。

単に自動車保険のおすすめはどれかと言われても、車の使用状況、年齢、等級、免許証の色、家族の状況など、一人一人の条件の違いによってベストの自動車保険は違ってきます。

各社のリスク細分のリスク区分の違いにより、優良ドライバーであればゴールド免許割引のある自動車保険がベストになり、ブルー免許であったり走行距離が大きかったりすれば、免許の色や走行距離で保険料が変わらない自動車保険がベストになるといった具合です。

ある人にはおすすめでも別な人にはおすすめでなない場合があるのです。

自分にあったおすすめの自動車保険を知るための確かな近道は自動車保険の一括見積もりをしてみることでしょう。

自動車保険一括見積では車輌保険付、原付特約付など自分で設定する条件での自動車保険のおすすめを一度で知ることができます。

人気各社多数の自動車保険について、事故対応、現場緊急サービス、支払いスピードなどを把握しながら、見積もりの結果を各保険会社から受け取ることができるからです。

各保険会社の見積り資料によって行なう比較・検討ほど確実なものはありません。

自動車保険のおすすめを知る最も早くて確かな方法、それが自動車保険一括見積です


自動車査定の一括見積りも大変便利なものです。
車を売却する時にはおススメですよ。


このページの先頭へ